働きづめだったけど念願の専業主婦へ

『将来の夢は花嫁さん』
子供の頃からずっと憧れていた専業主婦
お洗濯したりお掃除したり
帰ってくる家族の為に美味しいお料理を作って待っていたり。

子供もできて
一日中子供もと一緒。

ヤンチャされたり泣かれたり大変だけど子供もの笑顔も成長も
お昼間はひとりじめ。

子供の成長をずっと間近で感じられる
本当に幸せ。

子供が少しずつ手が離れてくるようになると
きっと寂しいんだろうけど
以前から好きだった
ヨガやパン作りにはげむ予定。

お菓子作りもできたら
子供も夫も喜んでくれるかしら。

こんなワクワクした気持ちで毎日を過ごせることに
感謝の気持ちでいっぱいです。

・・でも、私は飽きっぽいからまた病院勤務に戻りたくなるんだろうな~。

そうなったら病院の看護師 求人 日勤常勤でも探すことにします。

乳がん検診

乳がん検診を初めてやってみました。
今でチャンスがなくてできなかったのですが、はじめて
マンモグラフティというものを体験しました。
おっぱいをはさんで4ヶ所からレントゲンをとります。
板で上下左右からはさむのでとても痛いのです。
でも思ったより痛くなくて安心しました。
慣れている人がやってくれたのでわりとすぐに終わりました。
結果はOK。
乳がん検診のゼリーみたいなのをぬって画像を見るのは健康診断で毎年やっていましたが、マンモグラフティははじめてでした。
市の乳がん検診のクーポンでただで受けることができました。
またやりたいかと聞かれればやりたくないというのが本音ですが、早期発見という意味ではマンモグラフティは効果的だそうです。
またクーポンが来たら受けると思います。

ふと思い出した絵本

ふと長い間眠っていた記憶が甦ると嬉しくなってくる。
そのきっかけとなるのはほんの小さなスイッチがぱちっとついた感覚に近い。

『みほちゃんとわごわごわー』という小学生のころ一度だけ読んだ絵本をふと思いだし、読みたくなって直ぐ様図書館で調べて予約をしてしまった。

こういうふっと思い出したものは瞬く間に遠のいてしまうに違いないから、忘れないうちにすぐ行動しなければならない。
実際、いくつか読もうかと思っている本を忘れてしまうことも少なくない。

みほちゃんとわごわごわーを思い出したのは、女の子と猫が出ている本を図書館で探している母子を見かけ、そういえば変な名前の猫と女の子の出てくる絵本があったな…と、検索用パソコンでふと思い出した猫の名前を入れたら出てきたということからであった。

たった一度だけ読んだ本なので、どんな内容かは覚えていない。
でもこうして10年以上経った今読むことができるので、読むのがとても楽しみだ。

小さいころは本を数えるしか読まなかった。
今はそれを取り戻すかのように本を求めて手に取っている。

絵本は寧ろ大人になってから読むようになった。
アーディゾーニやゾロトウの心がほっと温まる絵本は大人の心も癒してくれる。

素敵な絵本をいくつも読んで、一色だけだった感覚を何色にも色分けできれば、もっと素敵な気持ちで一日を送ることができるのではないか、と思っている。

ラステンアイカで再度気づいたお伝えしたい内容

岡山駅西口から近いラステンアイカでマスターとの会話で色々こだわりを聞きました。

カフェ内容ではないけど、それをお伝えします。

スワンチェアが所々置いてあります。
これはフィンランドの建築家デザイナーのアルネヤコブセンがデザインした椅子があるとのことです。

全てが曲線で白鳥みたいなデザインでした。

ドゥーワップという蛍光灯がありました。
デンマークのポール・ヘニングセンによってデザインされた照明だそうです。

影と光、グレア、光による色の再現、自然な感じでおしゃれ度が高い照明だと思いました。

Restoreというバスケットがあります。
フィンランド作家によるバスケットでスカンジナビアの伝統と新しい観点をミックスしたデザインコレクションだそうです。

また市原淳さんのポスターが目を引きました。
これは絵本タッチでありつつ50年代の作品にも見えてしまう懐かしいポスターです。

オーナーのラステンおじさん。
田舎育ち、子供の頃は野山を駆け巡り毎日を楽しんでいた少年だったそうです。

オーナーは絵本大好きだったので岡山初の絵本カフェを作ったそうです。
全てはお客様の笑顔のため。

ここに来れば童心を思い出せます。

息子の塾通い

子供が塾通いを始めました。
今までダラダラとなんとなく勉強していた程度で成績も本当に中の中、何しろ通知表には3しかない(笑)そのくらい可もなく不可もなくな息子でしたが、なんと志望校がその市内でも結構な進学校だったんですね。
なぜそんな高望みを?思いましたがなんでも入りたい部活が有るようで。

だったら頑張らないとね、となり、中3の夏から、少し遅かったのかもしれませんが重い腰を上げ、ようやく塾通いを始めました。
基本ぼんやりとしており、集団の中にいるとどうしても気を抜きがちな息子ですので、マンツーマンの個別指導の塾を選びました。
もちろんお値段的には少し、いやかなり高額ですが…。

それなりに、頑張っているようすなのでまあしかたないかな、と。
来年の春まで投資してやろうじゃないかという意気込みで、母も頑張っていこうと思います。

なんとなく勉強する習慣が付いたようですので、結果がでても出なくても、一定の価値はあるのかなと思っています。

はじめてのコンサート

先日、イケメン若手演歌歌手のコンサートに行ってきました。

だいたい、あまりコンサートに行かないのですが、今日は特別に友人に誘われたので行ってみました。
私はその歌手の名前も歌も知りませんでしたが、以前テレビで見てくせのない素直な歌い方で本当に上手な人だなーと思っていたので、「イケメン若手演歌歌手」というキーワードでピンときました。

本当に演歌には興味がなかったのですが、彼の歌なら聴いてみたいなと思い、出かけました。

おばさんたちが多いのは、やっぱり…という気持ちでしたが、おばさんたちがこのひとときを楽しもうと思っているのがよくわかりました。

私だって、せっかく来たんだし…と大胆に声を出して、両手を振って楽しんでみました。

これは、思っていた以上に楽しいコンサートでした。
演歌の人は元々歌が上手なので、ポップスやバラードや…どんな歌でも安心して聴くことができました。

満足の気持ちで家に帰りました。

カラオケでよく歌う曲

友人とかとカラオケでよく歌う曲があります。
やはり自分の世代の曲を必然的に選んでしまいますね。

モノマネしながら河村隆一のGlassを歌ってしまいます。
これは、かつて河村隆一がテレビなどによく出た時代ならすごく良かったですよ。

しかし、今の世代だと相当厳しいものがあります。
基本、河村隆一ソロの曲なら色々と歌います。

trfメドレー。
EZ DO DANCEとか、trfのノリノリメドレーで場を盛り上げるために歌いたいです。

なぜか今の世代でもtrfを知っている人は多いです。
エクササイズDVDの効果かな?と思っています。

アニソンメドレーの懐かしいバージョンを歌います。
これは昔からの定番です。

超合金アニメとか、スポ根アニメやアクションアニメのメドレーは30代以上の人にはすごくウケが良いです。

カッコつけてAAAの曲を何か歌います。
これはAAAのMVがかっこいいし、最近の曲も知ってるぞと言うアピールを兼ねて選曲しています。

妖怪体操第一を歌います。
振り付けまで覚えているので、踊ってみて皆を喜ばせたいです。

しばらくカラオケ行けてないので近いうたに行きたいです。

阪神が初めてクライマックスシリーズファーストステージ突破!

私は阪神ファンです。
とは言えまだファン歴は浅くまだまだ勉強中ですが。

子どもの時には父親が、学生時代は友人が、そして結婚した今、主人が熱狂的な阪神ファンだったので、プロ野球と言えば阪神でしたが、主人に初めて甲子園に観戦につれていってもらってから、選手の名前や応援歌を覚えて、正式に(?)ファンデビューしました。

そんな阪神が、今年初めてクライマックスシリーズのファーストステージを突破しましたね!1戦目は1対0。
2戦目は延長戦で0対0。
どちらも投手戦で息の詰まるような展開でした。
実は3戦目のチケットを購入していたのですが、残念ながら2戦で決着がついてしまったので、3戦目は未開催で払い戻しとなりました。
でも幸せなことですね。
どちらにしても台風19号が直撃で、中止になっていたと思いますが・・・。
今まで、一度も突破していなかったファーストステージですので、この先もこの勢いのまま突っ走ってもらいたいなと思います。

外食で最近腹が立った事

地元の花火大会を見に帰省し、2泊3日を終えて新幹線を降りました。

時間が20時を過ぎていてさすがにおなかが減り、定期的に通っていたあるうどん屋さんに寄る事にしました。

そこはカレーうどんがおいしく、スパイスが効いているにも関わらずクリーミーで毎回汁も全て飲み干します。
今回は半年ぶりに行きました。

内装が一掃され、前とは変わった印象で綺麗になっていました。
久しぶりなのとおなかが減っているのとで期待が膨らみ、大盛りとライスを注文。

待つ事10分くらいでしょうか、待ちに待った食事が運ばれてきました。

まずスープを一口運びます。
あれっと思ったのですが、久しぶりなのでそのせいかと思いもう一口。
なんかおかしいのです。
以前とは違います。

麺をすすりますが、麺は以前と変わらず。
おかしいなぁと思いながらもおなかにどんどん入れていきはしましたが、クリーミさがほとんど無くしょっぱく、酷く言うと普通の自宅で作れそうな感じがしました。

客というものは好きなメニューに対しては舌は味を記憶していると思います。
そこをなんだか裏切られた気持ちになり。
麺もご飯も完食しましたがスープを飲み干そうとは思えなく、残しました。

悲しいを通り越して腹が立ってしまい、人生で初めてクレームを出してしまいました。
店長さんからメールを頂き、調理について再確認させ改善させるとありました。
が、次回行ったときに何も変わっていなかったらもう行くのは辞めようと思います。

ケーキ悲喜こもごも

甘いものには目がなくて、スーパーの駄菓子から洋菓子店のケーキに和菓子屋さんの生菓子に、何でもよく食べるのですが、自分で作るのも好きでして。

和菓子も洋菓子もそれなりには作れるのですが、一番得意なのはやはりスポンジケーキ。

散々作ってきたので、さすがにもうほとんど失敗することもなくなりましたが…ここに弊害が出てきてしまいました。

自画自賛も甚だしいのですが、お店で買ったケーキに満足できなくなってしまい。
そりゃ、自分の好みに合わせて作っているのだから当然と言えば当然のこと。

もちろん、コンビニのデザートなんかはそれはそれで好きなのですが、あそこのケーキは美味しいよ、と聞いて買ってきたものの「なんか違う…」となってしまい。

そこまで言うなら自分で作れや、という突っ込みも入るのですが、自分で作ったものでないものもたまには食べたいし、という我侭な主婦心で。

まあなんと言うか、そんなことばっかりしているからどんどん肥えてゆくのだから、「作らない・食べない」ことを徹底したらいいのに、と思いつつ今日もケーキに思いを馳せるのでした。

子育て

子供は一人一人違う!!!
私は、三人の母ンフフフフッ(ノω`*)
三人とも同じように育てたつもりが…
長男14歳は父に性格そっくり!
次男12歳は私に性格そっくり!
面白い~
でも、三男だけがまだ6歳と言う年齢のせいか…
手がかかってしかたがない!
お兄ちゃんが6歳の時を思い出してみると…そうでもないのだが…
言う事を本当に聞かない!
もうかたずけしなくていい!って私が開き直ると、お兄ちゃんたちはそんなこと言わないで!涙ってかたずけてくれたのだが三男にはそれが効かない!
泣きまねしても聞かない!
さらにそれに対して反抗してくる!
かたずけなくていいんや~ラッキーとか泣いても無駄!とか…
もうどうしたらいいのか!
はっきり言ってわからない!
でも、幼稚園では友達に優しくして良く褒められている!
家では考えられない光景。

喧嘩をして、私が怒鳴る毎日だから!
小学校に行ったら、何とかなるのかな?
不安と心配でいっぱいの現在です